自縄自縛な雑記

自縄自縛 - 自分でやった事によって、自分が苦しむ事。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『リング』

 タイトルのリングってのは映画やら小説のリングです。貞子です貞子。

 ちょっと前にチャットで話題に出たので書いておこうかと思います。
 まず、自分が見た、読んだのは小説「リング」「らせん」「ループ」および映画「リング」です。
 「バースデイ」とか「リング2」とか「ザ・リング」とか知りませんのであしからず。

 そして、前提条件として自分は映画「リング」が嫌いですし、これを書くに当って小説を読み返したり、映画を再度見たりといった事は行なっていません。それを念頭において続きを読んでください。


 さて、自分は映画化前にリングを読んでいます。角川ホラー文庫から刊行されていたものです。
 これを読んでまず抱いた感想は「これはホラーじゃないな」というものでした。少なくとも自分はホラー的な怖さを感じませんでした。
 何故そうなったか、恐らく自分がこれを読んだときミステリー的な流れを強く感じたのが原因だと思われます。
 若い男女四人がほぼ同時刻に死亡。それを不信に思った主人公が調査を開始、そして凶器(ビデオテープ)を発見、凶器の情報(映像)から犯人にたどり着かんとする一連の流れはまるっきりミステリーですしね。
 ただ、犯人が既に死んでいたり、超能力だの呪いだのが関わってくるだけです。まぁ、これがホラーだと言われれば反論できないわけですが……。
 で、自分がこの作品で最も面白いと感じた部分は「ビデオテープから山村貞子の死の真相にたどり着くまでの過程」です。はっきり言ってホラーな部分は全く関係ありません。これが映画「リング」が嫌いな理由に繋がる訳ですけど、それは後述。

 さて、映画です。リングが映画化されました。話題沸騰です。ジャパニーズホラーです。時に、自分が中学生の頃の出来事です。
 自分はビデオをレンタルしてきて見ました。うん、小説で自分が面白く感じた「ビデオテープから山村貞子の死の真相にたどり着くまでの過程」がすんごい簡略化されてます。ショック!
 この時点で相当面白くない訳ですが(個人的に)、まぁでも、それなら普通にホラー映画として楽しめれば良いわけですが、自分、この映画がちっとも怖くありません。エクソシストやオーメンのがよっぽど怖いです。どんなに同じクラスの人間が怖いといっても同意できません。
 「ホラー映画が怖くない」
 ……最悪です。
 ちなみに「怖くない」という評価は家族四人の総意です。家庭環境がこういう感性を生んだとしか思えませんね。

 こんなところですか。「らせん」「ループ」に関しては映画を一作目で見限ってしまっているので特にここでは書きません。まぁ、感想書けなどの要望でもあったらまたその時考えます。

 最後に貞子がテレビ画面から出てくる場面を見たときの母の言葉を書き記しておきます。
「コントみたいで笑えた」

 …………総評:映画「リング」はコメディー映画


 あと、自分が好きな映画を洋画と邦画の二つずつ上げておきます。
・フォレストガンプ
・スターゲイト
・ガンヘッド
・ゴジラVSビオランテ


 映画「リング」が好きな人、ごめんなさい。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://moto3891.blog56.fc2.com/tb.php/45-a4a7351e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ゴジラの感想

● 種類忍者戦隊カクレンジャー● メーカーハーティロビン● 商品名ヒーロー双眼鏡● ランクCランク● 商品詳細未開封ですがパッケージにイタミ、汚れがあります。■ クレジットカードをご利用のお客様は必ずご確認下さい。 お支払方法・送料ページをご確認の上ご注文

  • 2007/08/12(日) 14:50:58 |
  • 映画(邦画)をあなたに捧げます

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。