自縄自縛な雑記

自縄自縛 - 自分でやった事によって、自分が苦しむ事。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

没ネタ

 今回は昔書こうとして、文章力の無さからお蔵入りした小説の話。

 世界観的には「大いなる魔法使いの弟子」の3万と6000年くらい昔です。
 で、この時代は人類の十割(ようするに全員)が魔法使いとしての資質を持って生まれます。(ちなみに「大いなる魔法使いの弟子」本編の時代だと三割弱まで減ってます。個人が保有する魔力量も減少傾向にあるので魔法の省魔力化が進んでいる時代です)
 この、誰もが魔法を使える時代において、「何故か魔法が使えない」人物が主人公の話でした。本当に、これっぽっちも、全然、魔法が使えません。でも、自分が魔法を使えない理由を調べている関係で、知識だけは下手な魔法使いより豊富。つー感じで、まぁ、一応主人公なので多少特殊な能力も持ってますが、基本はこんな感じ。

 その内、書けたら良いな。とは思う。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://moto3891.blog56.fc2.com/tb.php/39-579e3ab3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。