自縄自縛な雑記

自縄自縛 - 自分でやった事によって、自分が苦しむ事。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不老不死

 「大いなる魔法使いの弟子」には設定上「不老不死」キャラがいます。
 どう不老不死かと言うと、このキャラ作品の時間軸から四千年くらい前に封印されてるんですが、その時の状況が、

  ・肉体が微塵切り状態。
  ・血の一滴、骨の一片すら残さないほどに焼き尽くされている。
  ・その上で、一万年規模で発動し続ける封印結界に閉じ込められる。

 一応言っときますけど、このキャラまだ生きてますよ? 封印はされたままですけど。
 それと、不老不死の原理みたいなものも一応考えてあります。キャラ自体は本編に登場する可能性、あります。でも不老不死の原理やらは登場しないと思うんでここで晒しときます。

 結論から言うと「肉体と精神の役割が逆」になってるんです。
 普通は「器が肉体」、「中身が精神」で、肉体が崩壊すれば、それに引きずられて精神も崩壊するわけです(幽霊とかそんなのはここでは考えません)。逆に精神が崩壊したからといって肉体が死ぬわけではありませんよね。精神的に「死んだ」としても、時間をかければ「人格の再構成」は不可能じゃありません。
 さっきのキャラの「不老不死」ってのは、より詳しくは「肉体的な不老不死」です。「器を精神」、「中身を肉体」にする事で、肉体(中身)の崩壊が精神(器)の崩壊につながらないようにしているわけです。この場合、精神が無事ならば時間をかけて肉体を再構成し「生き続ける」事が出来ます。逆に言うと精神の崩壊が肉体の崩壊に直結するわけです。精神的には全然「不死」じゃ無いわけです。
 ただ、いくら魔法がある世界とは言え、精神に直接攻撃する手段は基本的にはありませんし、あったとしてもとても面倒で効率が悪い方法です。そのため、特に戦闘においては「物理的に」死を相手に与える事しか考えていませんから、結果的にこれで「不死」が成立します。
 精神を殺せば肉体も死にますが、肉体をいくら殺そうと完全な死には至らない。そういうキャラです。化け物ですね。
 ただ、本編でこのキャラが登場したとしても、この理屈は登場せずにただ「不老不死」という説明で済まされると思います。こんな理屈、知ってるの本人だけですから。

 因みに、ただの「不老」であるならサライスの師匠も不老ですし、プロローグで登場したシステ・ルタンもある意味不老です。
 まぁ、この二人もかなり特殊な存在ですけどね。
スポンサーサイト

サイト更新

 やっとこさ、「大いなる魔法使いの弟子」第二話を更新しました。
 結局、第一話の三倍以上の17,000くらい書きました。「分けろよっ!」って感じですね。
 しかし、今回は魔法に関する講釈が多いのでそれを抜きにしたら結構文字数減るんじゃないかと思います。

 とりあえず、キャラクター全員の名前を登場させずじまいで終わってしまいましたね。
 えっと、名前が出てきてないのは……、7人、かな? 全員名前考えてあったんですけどねぇ。無念です。ギルドの受付ですら名前出て来たというのに……。

 さて、次回の小説の更新はかなり先になる事でしょう。今までの経験上。
 もし、待ってる人がいるのなら、気長にお待ちをー

小説第二話書いてます。

 えぇ、書いております。書いておりますともぉ!


 ……本当だよ?


 とりあえず、文字数だけ計算してみました。

 プロローグ:2,000文字弱
 第一話:5,000文字弱
 第二話:14,000文字超(←書きかけ)

 なんてこったぁぁぁっ!!



 うん、なんか計画性が無くてごめんなさい。 _| ̄|○

読書感想文

 皆さん書いた事、ありますね? 読書感想文。
 当然私も過去に数回書いた事があります。

 今回の話題はその内の一回です。なんか不意に思い出したので書きます。
 そのとき、私が読書感想文の題材に選んだ書籍は『八墓村』でした。

 ……すいません。多分、あの時の私は脳味噌膿んでたんです。学校に提出する読書感想文に八墓村って、……アホです。
 感想文自体も、何やら支離滅裂なものを書いた覚えがあります。内容は詳しく覚えてませんが……、いえ忘れたなら忘れたで、死ぬまで記憶の奥底に沈めておきたいです。
 正直、このこと思い出した時点で、気分的にかなり沈んでますし……。


 そういえば、私、保健体育のレポートで担当教員がテーマは「保険にかかわりがあれば何でも良い」とか言ってたので、教科書なんかほっぽり出して寄生虫の事を調べて書いたりしたなぁ……。その時参考にした本は「体にいい寄生虫」でした。(←わざわざ買った)
 折角、教科書無しで自力で調べたのに評価が低くて不満です。翌年の同じレポートで教科書ほぼ丸写しで評価良かったのは更に不満。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。